About me

Kenzo Ejiri (b 1987 Sydney)
BSc Bartlett (Architecture )UCL London
2009 Slade Summer Show , The Bartlett Festival
2010 UCL Photographers show Cloisters 
2011 Solo show ‘Association of Photograhers’ gallery london 
2014 Elixir gallery London 
2014 Sofia gallery London (Bulgarian Embassy)
2015 ‘V&A Museum’ lectures on his practice.
2015 ‘Guardian’ Travel Magazine 
2015/16 featured artist for ‘Kunsthaus’.
2015/16 Taylor Wessing photographic portrait prize finalist ‘National Gallery’ London.
2016 Solo photography show, Italy, Rotella  'AFA Gallery'
Ejiri works as a multidisiplinary artist and lead designer at Deloitte digital London.
Kenzo Ejiri (b.1987) is a Multidisciplinary Artist, currently living and working in London.
Ejiri has a bachelor of Science from the Bartlett School of Architecture, University College
London.
Focusing on the relationship between space and time, Ejiri’s work depicts identifable
moments and characters within contemporary society. Intentionally constructed, the artist
refects upon social and cultural norms as well as the themes of personal and historical
memory.
Ejiri has recently been shortlisted as a Finalist in the Taylor Wessing Photographic Portrait
Prize, 2015 at the National Gallery London and has given a series of photography lectures
at The Victoria and Albert Musuem, London. Notable exhibitions include The Bartlett
Festival - Slade Summer Show 2006 - 2009; UCL Photographers Show Cloisters, 2009-
2010. Solo exhibitions consist of -Association of Photographer Gallery, London, 2011;
Elixir Gallery, London, 2014. Group exhibitions such as the Sofa Gallery, London, 2014
and The National Portrait Gallery, National Portrait Prize, 2015 – Feb 2016. He has been a
featured artist for art collective Kunsthaus.
If you are interested in purchasing any of the pieces listed on this site please get in touch with kenzoejiri@gmail.com with details on which piece and what size.
略歴

江尻健三 1987年シドニー生まれ。
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン・バートレット建築校卒。学士(建築)。

2009年          ザ・バートレット・フェスティヴァル-スレード・サマー・ショーに出展。
2010年          UCLフォトグラファーズ・ショー・クロイスターズに出展。
2011年          アソシエーション・オヴ・フォトグラファーズ・ギャラリー・ロンドンにて個展。
2014年  エリクシール・ギャラリー(ロンドン)にて個展。
2014年  ソフィア・ギャラリー(ロンドン・ブルガリア大使館)に出展。
2015年  ヴィクトリア&アルバート美術館にて自身の活動について講演。
2015年  “ガーディアン”トラヴェル・マガジンに掲載。
2015/16年 チューリヒ美術館に展示される。
2015/16年 ロンドンのナショナル・ギャラリーにて、テイラー・ウェッシング・ポートレイト写真賞の最終候補者に選出。
多分野で活動するアーティスト、そしてリード・デザイナーとしてロンドンのデロイト・デジタルに勤務。


江尻健三(1987年生まれ)はロンドン在住の多分野で活動するアーティスト。
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのバートレット建築校にて学士を授与される。
時間と空間の関係にフォーカスし、江尻は現代社会における特徴的な瞬間と人物を描き出している。芸術家としての彼は意図的に構築された作品を通して、社会的及び文化的な規範、更に個人的及び歴史的な記憶というテーマについて深く追求している。

近年、江尻はロンドンのナショナル・ギャラリーにて2015年度テイラー・ウェッシング・ポートレイト写真賞の最終候補者リストに載り、ヴィクトリア&アルバート美術館にて写真講座シリーズの講師を務める。
主な写真展は、ザ・バートレット・フェスティヴァル-スレード・サマー・ショー2006〜2009、UCLフォトグラファーズ・ショー・クロイスターズ2009〜2010。
個展は、アソシエーション・オヴ・フォトグラファーズ・ギャラリー(ロンドン2011)、エリクシール・ギャラリー(ロンドン2014)。
グループ展は、ソフィァ・ギャラリー(ロンドン2014)など。
そして、ナショナル・ポートレイト・ギャラリーにて、ナショナル・ポートレイト賞2015〜2016年2月。
彼の作品はチューリヒ美術館のコレクションに加えられている。


このサイトに掲載されている写真の購入の際は、ご希望の作品とサイズをkenzoejiri@gmail.comまでお知らせください。
Back to Top